chonan story

 

とびつき犬!

コペンハーゲンのメインストリートをチョーナンと散歩する新しい楽しみを発見。いつもはすました顔のコペンハーゲンっ子も小さな黒い毛の固まりに微笑んだり、「なんて可愛いの」と近寄って来る。バカボンは急に気が大きくなり、"これは面 白い" と、毎日見せびらかしに連出していたが、十日程過ぎた頃チョーナンは突然 "とびつき犬" になったしまった。道行く人、自転車、バイク、自動車 . . . 動くものには何にでもとびつく。チョーナンも新しい楽しみを発見してしまったらしい。目撃者の殆どはとびつき犬の滑稽なシーンに苦笑し、被害者はいくら小さな犬でもビックリして怒るし、バカボンはあわてるしで、大きくなっていた気持ちは急にしぼんでしまった。

I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I

かみつき犬!

そこで散歩ルートを近くの公園に変更すると、今度はとびつき犬 + かみつき犬になってしまう。家から公園までは三つの道を横切らなければならないが、横切る度にチョーナンはバカボンのパンツの裾を咬んで引っ張り横断を阻止しようとする。阻止の行動は日毎激しくなりチョーナンとバカボンの滑稽?な散歩は近所ですっかり有名になってしまった。でも公園の散歩は大好きなチョーナン。いったい何を考えているのか?!この事を我パートナーに伝えると、「カントリーボーイがシティーボーイになるのは難しいな」の一言でした。

結局、道を横切る時はチョーナンを抱いて渡ることでこの問題は解決したとその時は思ったのです。

backnext



bakabon.com